テレアポ
Arrow
Arrow

有効なフレーズ

テレアポの中でこれを言ってしまうと、相手はまず会う(YES)とは言ってくれなくなるセリフがあります。テレアポを受ける側になったとき、みなさんもよく耳にしている言葉ではないでしょうか。例えば、こんな感じです。

「いや〜、そうですか。00さん、今回はご挨拶だけですから。一切営業をしませんので、ぜひ、ご挨拶をさせてください」「ぁ、よかったです。00さん、ちょうどム日に近くまで行きますので、Δ日にお伺いさせていただきます」「そうですか。必要ないですか。いまだとキャンペーン中なので、安くできるんですが」

テレアポであれば普通に使っているフレーズだと思います。「え、何がいけないの?」と思っている方もいるでしょう。これらのセリフは、じつは使い方を間違えるとまったく逆効果になるフレーズです。半面、状況によっては有効なフレーズにもなります。逆効果になる状況というのは、ハナからテレアポの内容に興味のない相手に、なんとか話を前進させようとするために「ご挨拶だけでも。近くに行きますから」と使うケース。これは、たいてい効果がありません。

まったく興味のない人にとって、挨拶なんて必要ないもの。挨拶と言いながら営業をされるのは見え見えです。「近くに行くついでに〜」も同じです。興味のない人には、「そんなのは嘘」だとわかっています。さらに、「キャンペーン中なんで、安く」も効果がありません。興味のないものは安くても買わないからです。

特にテレアポでは「ご挨拶だけでも。近くに行きますから」「キャンペーン中なので、安く」は、本当に多くの会社が意味もなくやたらに使っています。なかなかアポにこぎ着けられないときの起死回生のセリフと思っているのでしょうが、受け手は、毎回こんなことを言われているので、ウンザリしているものです。

では、有効なのはどういう状況のときかというと、テレアポの内容に多少興味があり、相手が会うかどうか迷っている場合です。

テレアポとは、突然の売り込み電話のため、お客様は心の準備ができていないのが普通。テレアポの内容に多少興味があっても、会うかどうか迷うものです。「会ったら断りづらいなあ。でも、とりあえず資料だけでももらっておこうか」「興味はあるんだけど、いくらくらいのものなのかなあ。でも会うのは面倒だなあ」こんなことを考えて迷っているときに、相手の背中を押すために、「ご挨拶だけでも。近くに行きますから」は有効です。相手側からすると、自分のためにわざわざ会いに来る、という心理的負担が少なくなります。「挨拶だけならいいかな」「他の用事もあるなら。ウチだけじゃないし」と考えるからです。

このように、同じ言葉でも、使つ状況によって、効果的な場合とそうでない場合があるのです。