テレアポ
Arrow
Arrow

テレアポの経験を積む

テレアポでは、すぐに切られることが多いため、まずは、電話を切られないことを考える人がいます。そのため、電話が切られないためには、営業という目的を隠して話をし、相手と人間関係を作ってから、電話の趣旨を伝えればアポが取れると錯覚している方がいるのです。でもよく考えてみてください。突然見ず知らずの人から電話がかかってきて、営業じゃありませんと言ったって、それは嘘だとすぐにパレます。

営業においては、電話であれ何であれ、始めにきちんと目的を言って会う約束を取り付けるのが正しい方法だと信じていますし、そうやって私は成果を上げてきました。 テレアポの目的は、電話を切られないことではなく、会うことなのです。

また、テレアポでの誤解の一つ、というか、テレアポだからこうなってしまっていると思える ことに、相手にしゃべらせない、ということがあります。

なかなかアポが取れない状態では、相手にしゃべる機会を与えてしまうと、「いまは必要ない」「間に合っている」などとあっさり電話を切られてしまうからです。

人間、明確に「こういう理由で断ります」と言われれば納得できます。 しかし、テレアポの場合は、明確な理由を言ってくれる人はほとんどいません。 これでは、とても中途半端に電話が終わってしまいます。とてもストレスになります。そこで大事なのは「相手に質問をすること」です。こちらが一方的に話すのではなく、相手に質問をすることで、電話を切られる事が減るということを覚えて行きましょう。