テレアポ
Arrow
Arrow

テレアポの重要性

学生時代にあまり敬語を使うようなことがなく、ビジネスでの電話対応にも慣れていない新入社員にとって、電話による営業はもとより、単に電話の取り次ぎ・受け答えであっても、 苦手意識をもってしまうものです。

そんな新人が、電話営業、通称「テレアポ」を任されると、大変なことになります。苦手な電話をしなければならないからです。

多くの人は、緊張や、途中で断られるのを避けようとして、 つい早口で用件を伝えてしまいます。しかし、早口で用件を伝えないと相手が電話を切る、ということはありません。むしろ、 早く言うことでかえって切られやすくなってしまうのです。

ごく基本的なことではありますが、新人さんに限らず、キャリアのある方でも、意外にこれができていない人が多いものです。

テレアポでお客様にアプローチするためには、ゆっくりしゃべって用件を明確に伝えるようにしま しょう。これが電話による営業を成功に導く第一の秘訣です。

法人営業において、テレアポは避けては通れない登竜門のようなものになっています。インターネットやデータベースマーケティング、 アウトソーシングが盛んになった昨今でも、 営業におけるテレアポの重要さは変わっていないのです。

テレアポで需要なのは、ターゲットリストの作成、キーマンとの会話、アポイントの獲得、商談、受注を定常的に繰り返すことです。 これによってアポイントの取れる回数は数段上がって行くでしょう。

 ◎テレアポ代行ならビズコール